二ツ木歯科医院からのお知らせ

スマートフォンの方は☆ここをクリック☆根管治療について

2004年からマイクロスコープ(顕微鏡)治療歴があります。

歯科治療全てにマイクロスコープを使います。

2004年サイナスリフトマイクロスコープ研修会(イタリア)に

参加し帰国後、即マイクロスコープを5台導入しました。

2004年イタリアの歯科医によるライブオペ治療の写真です。

マイクロスコープ治療は「最先端治療ではありません」

日本は残念ながら遅れています。

マイクロスコープは、根管治療の万能機ではありません。

歯根の分岐したところ、横に逸れた神経の道等は見えません。

____________________________

 

治る根管治療と治らない根管治療違いは?

 

根尖性歯周炎とセメント質剥離の診断です。

セメント質剥離の治療法は確立されていません。

「海外も含めて文献も乏しく、治療ガイドラインも

確立されていないため、今のところ確固たる治療方法もなく

予後も悪いとされる」と論文にも書かれています。

 

院長、根管治療症例 保険治療

根尖性歯周炎の症例です。

出来物が膿の排出路です。

通常の保険治療で治療します。

根尖性歯周炎は、一旦は治ります。

安心は出来ないのが栄養が通っていない

神経を取った歯です。

 

 

化膿を治療で治しても訪れるリスクが下記です。

根管治療(神経を取る治療)のリスク

定期健診に来院しても下記症状は防げません。

 

★神経の無い歯から歯を失う症状

〇歯根破折(デンタル、視診で診断可)

〇セメント質剥離(デンタル、CTで診断可)

〇根尖病巣(CTで診断可、デンタルは骨質によって診断不可)

〇根面カリエス(被せ物と歯の隙間から虫歯)

レントゲンは他院で保険の根管治療を受け、当院にセカンドオピニオンで受診。

赤い×は、セメント質剥離、歯根破折です。根尖性歯周炎ではありません。

根管充填剤が根尖まで治療されていても、上記症状は起こります。

残念ながら印の付いた歯は残すことは不可能です。

神経を取ったのに痛みが出た場合

上記の症状が疑われます。歯科医院でよく相談してください。

 

失活歯(神経の無い歯)の多い方はリスクとして

神経の無い天然歯がセメント質剝離、歯根破折」

起こし、神経の無い歯を徐々に失う可能性があります。

院長、分岐根管治療 感染根管治療症例 保険治療

 

黄色〇の分岐根管治療歯は問題ありませんが

写真一番左の感染根管歯は、一旦治癒しました。

しかし、セメント質剝離が起こりました。

 

神経は取るものではありません。

神経を取る根管治療は、歯の栄養を遮断するので

リスクが多すぎます。

痛みを取るか?リスクを取るか?の選択になります。

治療を選択するのは患者さん自身になります。

 

20、30、40歳代で神経を取ると平均寿命まで

天然歯が残るか?疑問です。

症状の有る痛い時では神経を取ることになります。

虫歯にならないように定期健診に通うことです。

下記データーが結論を出しています。

 

 

根管治療はなぜ難しいのか?次のページへ

続きを読む >>
↑TOP
スマートフォンの方は ☆ ここをクリック ☆ 

____________________________________________

 

口コミ=所詮他人の感覚

良い口コミ、ランキングサイト上位は「やらせ」

悪い口コミ、ランクを下げるのは「嫌がらせ」

味が自分に合わなければ悪い口コミ

旅先のホテルの部屋の壁紙が剥がれているだけで悪い口コミ

特にネットで悪い方は「嫌がらせ」で当てになりません。

「やらせの口コミ」書き込みが同じ日に多数、

偏った月のみ、異なるサイトと同じ口コミ、

同じ口コミをサイト内の他の場所で使い回し

以上が「やらせサイト」の手口です。

 

●インプラントが長期持たない原因は?

 

★天然歯を失った原因と同じです.

 

意識改革で克服出来ます。

 

当院歯科衛生士 7名おります。

常勤6名、非常勤1名の体制です。

診療用の椅子:5台の内 3台を定期健診に当て、

7名の歯科衛生士で意識改革に協力しています。

受付も国家資格のある歯科衛生士です。

無資格者はいませんので専門的な質問も可能です。

 

ている ている の違いです。

 

掃除をしてもゴミが残っていれば、

       掃除をしていないのと同じです。

 

✖ インプラントが ______________ 駄目になった。

〇 インプラントが ていないから 駄目になった。

〇 インプラントが 健診に行かないから 駄目になった。

は、都合の悪い部分「切り取り」伝わります。

____________________________________

.

★保証期間について★ 


人(口腔環境)は老化、物(被せもの)は劣化というものが避けては通れません。

.
★保証期間★

第3者による保証、ガイドデント保証システムを導入しました。
第3者による保証が受けられる、自由診療の保証システムです。

第3者が、年2回の歯科検診通院履歴をチェックします。

年2回以上の歯科検診を受けられた方のみ保証があります。
インプラント10年保証
審美歯科治療5年保証

保証費用は通院時に説明いたします。(保証費用を支払った方が対象です)


転勤先で不具合が起きた場合などにも、他院で保証を受けられるシステムです。転勤の多い方はご活用ください。

提携歯科医院は、全国1500件以上(2019年6月末現在)です。

https://www.guidedent.net/ ホームページURLです

 

検診は歯磨き指導、歯石取りが9割を占めますので歯科衛生士が行います。

歯科医師は、レントゲンで異常が無ければ、歯磨き指導、歯石取りは行いません。

歯科医師が歯磨き指導、歯石取りを必ず行わなければならないという法律はありません。

歯科衛生士という国家資格及び職業自体が無いはずです。


★保証対象外(インプラント・審美治療)★
検診未来院(1年以上)
ハガキ2回送ります。未来院は自己責任です。

ガイドデント保証システムは、第3者が判断しますので保証が明確になります。

(以前はTELでしたが人数が多くなりハガキを送ります)
◆術部(補綴)が他院で治療されている場合。
◆術部反対側の部位に原因(
他院で治療)がある場合。
◆治療放棄治療放置(1か月以上)
◆長期入院など清掃不良による感染。
◆頭頸部骨手術による骨の歪みによるもの。
◆持病の悪化(例:糖尿病
,ホルモン異常,関節リウマチなど)
◆故意による損傷。
◆外力(交通事故、喧嘩、その他)による損傷。
気管内挿管による破損(外力その他に入りますが付け加えます)

◆民法_第_649_条を知らない方。
◆チタン金属を生体(患者さん自身の体)が拒絶された方
◆レントゲン撮影を拒否される方。
◆治療費未払い。
◆歯科医師法23条を過ぎた方 (カルテ保管期間5年を過ぎた方)

上記は自己責任の一切保証無しとさせていただきます。
 

手術は動画(ハイビジョン)を撮影しております。

医科の手術では動画は常識です。動画は隠すことが出来ません。

術後容体が変化した場合 医師の責任か 患者の責任か 動画は白黒をハッキリさせることが出来ます。

当院では、術直後お見せします。

の中に確実に埋入されていることを確認して頂きます。

他院治療の咬み合わせで不具合が起きた場合、当院手術動画が証拠となります。

他院で治療がある場合保証はいたしません。(咬み合わせに不具合が起こったケースがあります)

 

★定期検診に来院されない方、

                   治療中断の保証はいたしません★

 

第3者による保証、ガイドデント保証システムを導入しました。

第3者が、年2回の歯科検診通院履歴をチェックします。

 


例)自動車には不具合による交通事故防止の為、

                            法で定められた定期点検、車検があります。

例)癌に罹患し検診未来院、

                          悪化したら医師の責任?

 

例)癌が見つかり、治療を中断、悪化してから再来院。

悪化したのは病院の責任とし病院に対しクレームをつけるのは本末転倒。

 

治療中断で多いのが「忙しい」という言葉です。
「面倒」を「忙しい」に置き換えた言い訳です。
人生の中で病気を治す大切さを知って欲しいものです。

 

以上が2000年施行の当院の保証内容です。

 

↑TOP