二ツ木歯科医院からのお知らせ

スマートフォンの方は ☆ ここをクリック ☆ 
駐車場は、歯科医院裏に5台分あります。

始めてお車でお越しの際はTELでご連絡ください。ご案内いたします。

____________________________

当院一番長いお付き合いの患者さんは練馬区から来院されます。

院長が歯科大学5年生(病院実習)から引き継いでいる方です。

1990年秋からの長いお付き合いです(病院実習は飯田橋駅前

 

院長が勤務医時代も勤務先(西日暮里)に通院して頂けました。

勤務先(西日暮里)にはご主人が治療で来られました。

ご夫婦ともインプラント治療は院長が松戸で行っております。

ご夫婦でメンテのみですが今も通院して頂いております。

★今、一番遠い方は兵庫県から2名来院されています。

当たり前ですが、ご紹介の方でネット検索ではありません。

_______________________________________

 

お宅は「テナント(賃貸)ですか?」と言う

    お問合せがありました。

 

最初は、お問合せの意味が解りませんでした。(不動産屋?)

お問い合わせの内容を聞くと理解出来ました。

勤務先近くのテナント歯科(東京23区1等地)で治療。

改装中と偽り、閉院の文言も無く歯科医院が蛻の殻へ。

テナント歯科医院が内装も無い状態各地で起きています。

残されたのは自由診療、矯正治療等の費用支払い済み治療途中の患者さんです。

地元歯科医師会にも所属していないので歯科医師会の対応で「非会員は分かりません」と言われ、歯科医師の自宅住所も分からないと言います。

 

歯科医師会は「非会員の治療クレームの対応」も一切しません。

「非会員歯科医と直接話し合いをしてください」と言われます。

歯科医師会会員歯科医院は、地元歯科医師会のHPで確認できます。

地元に所属していないと都道府県歯科医師会には所属出来ません。

松戸歯科医師会ホームページへ←クリック

 

経営不振以外に家主から更新料、賃料を不当に上げられた。

家主が変わりビル自体を建て直す(再開発等)から出てくれ、建て直したビルに入居する場合は一時移転費用は出すが、新しいので更新料、賃料は上がる(一時移転費用回収と思われます)と言われたなどで閉院もあります。

移転に伴う費用があるため不動産訴訟の費用捻出は難しい事が分かっているので歯科医師の足元を見た、家主(施工業者、不動産屋)の戦略です。

以上は、歯医者では太刀打ち出来ない実際に起きた、今後も続くと思われるテナント歯科医院の閉院の実態です。

20年前、師匠に「テナントは信用に欠けるから40代前半まで自己所有を持てるよう努力しなさい」と助言を受けました。

他人の所有物は自分の物ではない。法律は当てにならない。師匠の言葉通りです。

当院も開業時はテナントでしたが、17年前から自己所有です。

テナントオーナーの土地を購入しましたので円満移転です。

テナントは今、民間保育園になっています。

当院1日20名,1か月200名以上がインプラントの患者さんです

_______________________________________

☆昨年11月:CTスキャンは3代目の新型へ
開業からレントゲンは5回目(CT3回目)の交換です。
患者さんには「また変わった?」と言われます。
常に新しいシステムで診断しますので「痺れ」などはありません。
レントゲン装置は劣化します。
☆今年11月:診療ユニットも3代目の新型へ
診療の椅子も配管が劣化し雑菌塗れになります。
電磁弁なども劣化で動かなくなるなど誤作動等も起こります。
____________________________

現在でも、完璧な歯科治療は存在しません。

個人差があり、必ず欠点が存在します。

歯を削る、予後不良の歯を残す治療は時代遅れです。

★論文から抜粋
歯を削った事で出来たエナメル質の亀裂によって、虫歯菌が象牙質を侵食し、神経に痛みを感じたり、歯が割れるリスクも高まります。歯を削ると駄目な時代が来ました。

虫歯治療後の詰め物、かぶせ物の寿命

(岡山大学・森田学教授の論文より)

 

__________________________________________________________________________

2004年からマイクロスコープ(顕微鏡)治療歴があります。

2004年イタリアの歯科医によるライブオペ治療の写真です。

2004年サイナスリフトマイクロスコープ研修会(イタリア)

参加し帰国後、即マイクロスコープを5台導入しました。

マイクロスコープ治療は「最先端治療ではありません」

     日本が遅れているだけです。

大学病院に2台しかない時代に、当院には5台ありました。

当時マイクロスコープメーカーの方が教えてくれました。

下記(歯科専門雑誌)に、院長の論文を掲載 

マイクロスコープを使った新しい術式の論文2冊です。

 

 

記(歯科専門雑誌)に、院長の論文を掲載

写真左はマイクロスコープメーカーから論文依頼を受け、

写真右は学会発表後に歯科雑誌社から論文依頼を受けました。

歯科も競争社会ですので自分が考案した術式は本当は書きたくありません。

しかし、自分も先代の方からの術式の恩恵受けていますので書いています。

マイクロスコープを使った新しい術式の論文2冊です。

____________________________________

当院 歯科衛生士 7名おります。

常勤6名、非常勤1名の 7名体制です。

歯科医は院長1名、歯科衛生士7名です。

診療用の椅子:5台の内 3台が定期健診用です。

受付も国家資格のある歯科衛生士です。

無資格者はいませんので専門的な質問も可能です。

 

2019年4月1日から有休義務化のルールがすべての企業に適用されます。

歯科医院も例外ではありません。無資格診療が起こる可能性があります。

歯科助手は歯石除去などは違法です。無資格診療にご注意ください。

当院、歯科衛生士は 7名 おりますので問題はありません。

____________________________________________

.

★保証期間について★ 


人(口腔環境)は老化、物(被せもの)は劣化というものが避けては通れません。

.
★保証期間★

◆インプラントは10年保証となります。
◆補綴治療は5年保証となります。
◆保険治療(大きい銀歯のみ)2年保証となります。

◆入れ歯治療は半年保証(入れ歯治療は勧めません)となります。
◆原因が当院では無い場合、2回目の保証は有料となります.

★保証対象外(インプラント・審美治療)★
検診未来院(1年以上)
◆術部(補綴)が他院で治療されている場合。
◆術部反対側の部位に原因(
他院で治療)がある場合。
◆治療放棄治療放置(1か月以上)
◆長期入院など清掃不良による感染。
◆頭頸部骨手術による骨の歪みによるもの。
◆持病の悪化(例:糖尿病
,ホルモン異常など)によるもの。
◆故意による損傷。
◆外力(交通事故、喧嘩、その他)による損傷。
気管内挿管による破損(外力その他に入りますが付け加えます)

◆民法_第_649_条を知らない方。
◆チタン金属を生体(患者さん自身の体)が拒絶された方
◆レントゲン撮影を拒否される方。
◆治療費未払い。
◆歯科医師法23条を過ぎた方

上記は自己責任の一切保証無しとさせていただきます。
 

手術は動画(ハイビジョン)を撮影しております。

医科の手術では動画は常識です。動画は隠すことが出来ません。

術後容体が変化した場合、医師の責任か、患者の責任か、動画は白黒をハッキリさせることが出来ます。

当院では、術直後お見せします。

の中に確実に埋入されていることを確認して頂きます。

他院治療の咬み合わせで不具合が起きた場合、当院手術動画が証拠となります。

他院で治療がある場合保証はいたしません。(咬み合わせに不具合が起こったケースがあります)


★定期検診に来院されない方、

                   治療中断の保証はいたしません★


例)自動車には不具合による交通事故防止の為、

                            法で定められた定期点検、車検があります。


例)癌に罹患し検診未来院、

                          悪化したら医師の責任?

 

例)癌が見つかり、治療を中断、悪化してから再来院。

悪化したのは病院の責任とし病院に対しクレームをつけるのは本末転倒。

 

★歯磨きが悪ければ治療をしても駄目になります。

例)車を運転し事故を起こしてもメーカーの責任にはなりません。

運転手は患者さんです。歯科医院の責任ではありません。

歯科の定期検診も同じで不具合を防止する目的があります。

 

医科の場合、癌を切りました。数年後再発しました。
治療費、入院費無料でしょうか?
医科でも費用を支払わない人に応召の義務はありません。
治療中断で多いのが「忙しい」という言葉です。
「面倒」を「忙しい」に置き換えた言い訳です。
人生の中で病気を治す大切さを知って欲しいものです。

 
 他院でも ほとんどの歯科医院で検診未来院は保証対象外(検診来院者のみ保証対象)とHPに書いてあります。

 

以上が2000年施行の当院の保証内容です。

↑TOP