二ツ木歯科医院からのお知らせ

スマートフォンの方は☆ここをクリック☆根管治療について

2004年からマイクロスコープ(顕微鏡)治療歴があります。

歯科治療全てにマイクロスコープを使います。

2004年サイナスリフトマイクロスコープ研修会(イタリア)に

参加し帰国後、即マイクロスコープを5台導入しました。

2004年イタリアの歯科医によるライブオペ治療の写真です。

マイクロスコープ治療は「最先端治療ではありません」

日本は残念ながら遅れています。

マイクロスコープは根管治療の万能機でもありません。

歯根の分岐したところ、横に逸れた神経の道等は見えません。

国家資格免許を持たないライター記事にも騙されないでください。

____________________________

★歯の神経は取るものではありません。

 

 「歯の耐久性が落ちます」

 

歯が痛い!(虫歯では無いのに、歯を削りますか?)

虫歯が無く、神経の有る歯は3日間痛みを我慢してみて下さい。

一過性の神経系統の原因が有り3日で消えることが有ります。

ここで痛いから歯医者に行って2度と再生しないエナメル質を

削り、歯の寿命を縮めるかは患者さん次第です。

ただし、虫歯、神経の無い歯は我慢しても痛みは引きません。

____________________________

※感染(汚染)した歯は簡単に治りません  

原発の汚染除去と同じくらい難しいです。   

 

★歯の神経はこれだけ複雑です。

論文より)Vertucci FJ. Root canal morphology and its relationship to endodontic procedures.Endod Topics 2005;10:3–29.

複雑な形態を治療するのは困難です。

複雑な根管ですから一度感染を起こしたら治るか?疑問です。

 

〇感染根管成功率(汚染された歯の成功率)

Dr.Sjogren,Friedman,Mor先生の論文では。

感染根管治療、再治療の成功率は40% 10本中6本の感染根管は治らない結果です。

根管治療に特化した歯科医で成功率40%ですから、一般歯科医だと更に下がります。
歯根は標本の様に複雑な形態です。汚染物質除去は困難です。

汚染物質を除去出来ないと、60%は治癒しないリスクがあります。

感染根管治療成功率40%ですから運良く治ったという事も考えられます。

神経を取らなければならない場合、最初から信頼出来る歯科医に「抜髄根管治療」をお願いすることがキーワードです。

 

院長治療 分岐根管標本と ほぼ同じです。

何本に分岐しているか分かりません。

レントゲンは院長の分岐根管治療です。保険治療

 

3本に分かれています。

院長の分岐根管治療 保険治療

3本根充されていますが保険制度では

2本分しか請求できません。

この保険制度も問題で分岐根管治療が広まりません

 

院長、分岐根管治療 感染根管治療症例 保険治療

 

黄色〇の分岐根管治療歯は問題ありませんが

写真一番左の感染根管歯は、一旦治癒しました。

しかし、セメント質剝離が起こりました。

 

まだまだ、分岐根管の症例はありますが、HP内の枠の問題で掲載できません。

これだけ、上記の治療しても無駄な場合があります。

 

根尖病巣セメント質剥離、似たようなレントゲン画像の場合があります。

セメント質剥離に歯根端切除術は意味がありません。

歯根端切除術を行っても再発する事があります。

根尖病巣セメント質剥離は原因が違うからです。

治る治らないに関わりますので、診断に注意が必要です。 

残念ながらセメント質剥離は治癒しない場合が多く見られます。

 

☆治る根管治療と☆治らない根管治療違いは?

 

何故治るのか? 

汚染物質を除去し、同名歯同士の咬み合わせに治します。

そして、奥歯をインプラントでしっかり咬ませているからです。

レントゲン画像は、保険点数402点、約1200円で確認出来ます。

  インプラント治療は1歯26万円(税抜き)自由診療です

論文データー通りだと感染根管治療成功率40%でも写真の様に治ります。

今後、セメント質剥離及び歯根破折を起こすリスクはあります。

___________________________________________

感染根管治療で治しても訪れるリスクが下記です。

続きを読む >>
↑TOP