二ツ木歯科医院からのお知らせ

<< スマートフォンの方は☆ここをクリック☆根管治療について | main |
スマートフォンの方は ☆ ここをクリック ☆ 

このホームページは業者に任せず院長が作っています。

業者製作のオシャレなHPでは無く、治療と同じ手作りのHPです。

_____________________________________

予約日時、時刻は予約された方の時間で歯科医院の時間ではありません。

鉄道、飛行機、ホテルなども予約された方のもので予約を退かすことは無いはずです。

(無断キャンセル等のモラルの無い客がいる為、各社の対応でダブルブッキングさせることはあります)

_____________________________________

★治療保証について★ 

第三者(ガイドデント社)が保証審査介入します。

https://www.guidedent.net/ ⇦ガイデント社ホームページです。

定期検診を受けられた方のみ、治療保証があります。

ガイドデント保証システムは、

第三者が判断しますので保証が明確になります。

検診未来院は第三者の判断で自己責任となります。

______________________________________

 

ネット口コミ=情報操作可能

[モラルの無い、ステルスマーケティングで集患操作]

セカンドオピニオンから分かりました。

書き込み依頼で口コミを書き込む等、信頼性に欠けます。

大手通販サイトでも情報操作が行われニュースになりました。

 

良いネット口コミ、ランキングサイト上位は「やらせ」

悪いネット口コミ、ランクを下げるのは「嫌がらせ」

味が自分に合わなければ悪いネット口コミ

旅先のホテルの部屋の壁紙が剥がれているだけで悪いネット口コミ

悪い口コミの書き込み1件当たり500円などもあります。

特にネットで悪い方は「嫌がらせ」で当てになりません。

 

やらせのネット口コミ=ステルスマーケティング

同業者による、嫌がらせの悪いネット口コミも有ります。

以前、嫌がらせを書き込んだ歯科医師がニュースになりました。

ニュースの後、嫌がらせを書き込んだ歯科医の歯科医院は閉院しました。

 

各サイトでは、IPアドレスが分かります。契約に匿名はあり得ません。

SNSの誹謗中傷、名誉棄損で匿名では無いことも話題になりました。

当院のHPは、閲覧者のIPアドレスは分かりますのでご了承ください。

_______________________________________________________________________

16年経過インプラント治療症例

 

アメリカのインプラント学会発表症例です。勿論英語で発表。

アメリカのインプラント学会発表者には盾が送られます。

★生まれつき永久歯が無い当院勤務歯科衛生士です。

院長の論文掲載症例、この歯科専門雑誌に掲載されています⤵

生まれつき永久歯が無いので正中が合わなくても不定愁訴はありません。

⇧術前  術後の当院仕上がり例です⤵

当院勤務ですので不安な事はお答えできます。 ↑ 術後 ↑

前歯インプラント治療費は , 1歯:28万円+税(自由診療)

2004年から16年経過。 失った歯はありません。

近年言われ始めた リスク、副作用として、動く天然歯と
動かないインプラントに段差が生じる事があります。
経年変化で前歯の長さが変わってしまう事です.

_____________________________________________________________

 

★令和3年3月 オンライン保険証資格確認に国のシステムが変わります。

インターネットを使い保険証資格確認のシステムです。

 

「顔認証付きカードリーダー」を使う方式に変更です。

保険証偽造、資格損失、他人の保険証を使った治療を防止する効果が有ります。

他人の保険証使用は、歯の神経の有無等が異なるなどで発見が可能です。

不正請求歯科医院摘発にも活用されます。

当院も厚労省に、令和2年7月オンライン登録いたしました。

すぐにオンライン登録するよう医療機関に通知が来ました。

健康保険証、マイナンバーカード(マイナンバーカードでも可能予定)で本人確認します。

お忘れになった場合はオンラインで治療不可となり保険診療はしなくてよい事になります。

高額医療費が掛かりますのでお忘れないようにご注意ください。

__________________________________________________________________

 

当院へ来院していない方の電話での治療費、治療期間等のお問い合わせは、お口の中を拝見していませんのでお答えできません。電話で病気の確定診断が出来る医師はおりません。医療には診査診断が重要です。ご了承ください。

 

★急性化した歯痛は「敗血症ショック防止」の為、投薬のみとなります。

「痛いのに治療してくれない」は大きな間違いです。

歯科医院に救急車が来ている場合は、無理に治療を歯科医師に押し付け、

敗血症で具合が悪くなる方です。敗血症とは←クリック

敗血症を甘く見てはいけません。死に至ることもあります。

定期検診に来院しない方が急性の歯痛を起こします。

 

 

 

 

●インプラントが長期持たない原因は?

★天然歯を失った原因と同じです.

 

ている ている の違いです。

 

掃除をしてもゴミが残っていれば、

 

       掃除をしていないのと同じです。

 

は、都合の悪い部分「切り取り」伝わります。

✖ インプラントが ______________ 駄目になった。

〇 インプラントが 健診に行かないから 駄目になった。

〇 インプラントが ていないから 駄目になった。

 

ていれば、虫歯にならず歯科医院に行く必要もありません。

 

当院歯科衛生士 6名おります。

常勤5名、非常勤1名の体制です。

診療用の椅子:5台の内 3台を定期健診に当て、

6名の歯科衛生士で意識改革に協力しています。

受付も国家資格のある歯科衛生士です。

無資格者はいませんので専門的な質問も可能です。

___________________________________

★保証期間について★ 第3者が保証審査介入します。

定期検診を受けられた方のみ、保証があります。 


人(口腔環境)は老化、物(被せもの)は劣化というものが避けては通れません。

.
★保証期間★

第3者による保証、ガイドデント保証システムを導入しました。
第3者による保証が受けられる、自由診療の保証システムです。

第3者が、年2回の歯科検診通院履歴をチェックします。

年2回以上の歯科検診を受けられた方のみ保証があります。
インプラント10年保証
審美歯科治療5年保証

保証費用は通院時に説明いたします。(保証費用を支払った方が対象です)


転勤先で不具合が起きた場合などにも、他院で保証を受けられるシステムです。転勤の多い方はご活用ください。

提携歯科医院は、全国1500件以上(2019年6月末現在)です。

ガイドデント保証システムに歯科医が登録する場合、第三者による審査があります。歯科医の審査で患者さんは関係ありません。

当たり前ですが、診断に問題が有る失敗率の高い歯科医は審査に落ちます。

ある意味、インプラント学会認定医、専門医、指導医より第三者が選びますので信頼度はあります。

学会認定医、専門医、指導医は第三者がいません。医局に数年在籍で取得できる等もあります。

 

亡き師匠(下川公一先生)から,2003年にセミナーで言われた言葉です。

「実力の無い者ほど肩書に拘る」☚まさにこの言葉です。

師匠は、肩書(**専門医、**認定医)などを生涯取得しませんでした。

しかし、全国から患者さんが紹介で来院している巨匠でした。

師匠の言葉通りです。当院も、ほとんどの患者さんが紹介です。

1日20名 1か月200名以上がインプラント治療の患者さんです.

https://www.guidedent.net/ ホームページURLです

 

検診は歯磨き指導、歯石取りが9割を占めますので歯科衛生士が行います。

歯科医師は、レントゲンで異常が無ければ、歯磨き指導、歯石取りは行いません。

歯科医師が歯磨き指導、歯石取りを必ず行わなければならないという法律はありません。

歯科衛生士という国家資格及び職業自体が無いはずです。


★保証対象外(インプラント・審美治療)★
検診未来院(1年以上)
ハガキ2回送ります。

ガイドデント保証システムは、

第3者が判断しますので保証が明確になります。

検診未来院は第3者の判断で自己責任となります。

(以前はTELでしたが人数が多くなりハガキを送ります)
◆術部(補綴)が他院で治療されている場合。
◆術部反対側の部位に原因(
他院で治療)がある場合。
◆治療放棄治療放置(1か月以上)
◆長期入院など清掃不良による感染。
◆頭頸部骨手術による骨の歪みによるもの。
◆持病の悪化(例:糖尿病
,ホルモン異常,関節リウマチなど)
◆故意による損傷。
◆外力(交通事故、喧嘩、その他)による損傷。
気管内挿管による破損(外力その他に入りますが付け加えます)

 

___________________________________

休診日のお知らせ

 

2021年3月全米インプラント学会 (オーランド)

全米インプラント学会参加予定ですが、コロナで中止もあります。

 

アメリカの医療技術検証は理に適っています。

以前は良いとされていた医療技術は、やらない方が良いと言う検証データーをアメリカの学会で知ることが出来ます。それらを知らないと駄目な技術をいつまでも続けていることになります。例えば日本のインプラント学会では技術公開されていない「12度曲がっているインプラント」「歯茎が盛り上がる歯科材料」と言われても日本の学会所属では知ることが出来ません。アメリカのインプラント学会に所属し技術を学ぶ理由です。

院長は全米インプラント学会、全米歯周病学会所属です

 

↑TOP